江戸東京再発見コンソーシアムについて

東京の都心は、江戸時代から続く歴史文化の集積地です。
このエリアには、現代的なビルや生活空間に紛れて、歴史の舞台となった史跡や代々続く老舗、伝統工芸など「江戸東京」ならではの魅力あふれる日本文化が多く存在します。

「江戸東京再発見コンソーシアム」は、そのような歴史文化を背景とする観光材料を見いだし、東京都心の観光情報の発信と観光舟運事業やイベントなどを通して、みなさまの『東京再発見』のお手伝いをすることを目的に、2008年設立しました。

「お江戸日本橋舟めぐり」は、この「江戸再発見コンソーシアム」の事業の一つとして、代表団体であるNPO法人東京中央ネットと株式会社建設技術研究所が、2009年から協働で企画運営をおこなっています。

江戸の記憶を辿りながら川面をのんびりお散歩するように、静かな電気ボートで巡ります。専属の歴史ガイドがご案内する舟めぐりのコースは、全7コース。その他にも花見舟など季節の特別便やチャータークルーズも運航しています。

ページトップへ